乳児期のアトピー性皮膚炎

 乳児の湿疹は、生まれて2~3週間のころから脂漏性湿疹という形で、主に頭や顔に生じ、その後、3か月前後で体や四肢に広がっていき、アトピー性皮膚炎という形になることが多いのです。アトピー性皮膚炎とは、カユミと独特の分布(肘や膝の内側など)を有する、繰り返す湿疹のことをいい、多くはアレルギーの起こりやすさ(アトピー素因)をともないます。発症早期には、乳児湿疹と表現しますが、2か月以上続くものをアトピー性皮膚炎といいます。それらは本質的には異なるものではなく、アトピー性皮膚炎と診断されたから、治らないというわけではありません。むしろ、乳児期のアトピー性皮膚炎は、ステロイドを使わず、適切なケアをすれば、成人や年長児に比べてはるかに治りやすいので、心配いりません。

 アトピー性皮膚炎は、多くの原因が絡み合って悪化します。乳児期に幾つかの特徴があるので、それらの原因となる要素を取り除いていくことが根治につながります。根気よく、家族全員で協力していくことが大切です。  まず、脂漏性皮膚炎(脂漏性湿疹)は、脂漏部位とくに新生児の場合には頭と顔に皮脂が多く、そこに常在のピチロスポリウムというカビ(健康な大人でも存在する)が原因の一つとなります。ですから、合成界面活性剤の入っていない石けんで汗、垢、細菌やカビなどで汚れた皮膚を洗うことが大切です。そのような皮膚には、黄色ブドウ球菌などの細菌もついてそれらがアレルギーの原因となってカユミを生じたり、感染を起こしたりして悪化していくので、一日2回の入浴をして石鹸で洗い清潔にすることが必要です。超酸性水(殺菌作用のある水)や時には外用剤も役立ちます。

 もともと、健常児でも新生児期には皮脂が多く、生後3~4か月ころから徐々に乾燥し、やがて思春期には、またしっとりとした肌になっていくのですが、アトピー素因や皮膚のバリア機能が低い子が脂漏性皮膚炎から乳児湿疹やアトピー性皮膚炎に移行もしくは合併していくといえます。この時期の子どもは、乾燥しやすいので、一般によくワセリンなどの保湿剤が使われますが、乳児はもともと代謝が盛んで、発汗もしやすいので、着衣に覆われている部分は、皮膚の下に汗がこもりやすいのです。アセモと同じ原理で、アトピー性皮膚炎に発展していきやすいので、自然のままで保湿剤は塗らない方がよいのです。アトピー性皮膚炎では、自分の汗にアレルギー反応を起こしていることが証明されています。したがって入浴をして皮膚を清潔にすると同時に、汗を体外に出してしまう習慣を身につけましょう。

 一般の医療では、皮膚炎が生じたら安易にステロイドホルモン剤の外用が用いられる傾向にあります。ステロイドと告げずに出す医師も少なくありません。しかし、このホルモン剤は、炎症を抑える力は強く即効性はありますが、皮膚から吸収されてしばらく体の中に停滞し、自分の副腎から分泌されるステロイドホルモンが働きにくくなります。このような外用剤を長期にしばしば使っていると自己治癒力が低下し、ステロイドに依存した状態になり、それを止めた後、リバウンドとして悪化し返って治りにくくなることがあります。できるだけ使わないか、使っていてもやめていきます。 乳児期には、体重が1年に3倍になることで分かるように成長が著しく、副腎も成長しつつあります。このような時期にステロイド剤を使うと、副腎抑制の影響も大きいのです。乳児は成人のように何年も使ってきたわけではないし、ステロイドを止めた後のリバウンドの回復もはるかに早いのです。ステロイド剤を止めることが、自分の副腎の機能を高めることでもあり、自己治癒力を高めることでもあります。入浴し発汗を促し血の巡りを良くして、代謝を高めることも治療のひとつです。また、抗アレルギー剤や漢方薬がリバウンドの予防や治療に役立ちます。 乳児は、哺乳するときに自分のよだれにかぶれやすいので、よだれ対策も重要です。表面の柔らかい綿のよだれかけや、新しいガーゼを何枚も用意して、こまめに拭いたり、食後は水で湿らしたガーゼで拭いたりして、清潔にしましょう。最近では食物アレルゲンが口の周りの荒れた皮膚から吸収されることが指摘されており、口の周りにワセリンなどの外用剤を塗ると、ヨダレをはじくので、一時的には一つの方法です。ただ、油成分を塗ると、洗うときに石けんで洗わないと返って不潔になるし、長期に保湿することは控えた方がよいでしょう。 乳幼児の悪化要因として大切なものに、食物アレルギーがあります。母乳栄養の場合、お母さんの胃腸を通じて食物のタンパク質がかなり分解されて吸収されるので、お母さんが食べたもの全てが母乳に分泌される分けではありませんが、一部が吸収されて赤ちゃんに移行し、食物アレルギーの原因になりうるのです。子供が食物アレルギーにならないために、お母さんが何に気をつけることは3つあります。

① 卵、牛乳、小麦、大豆油など、同じものを毎日たべないこと。
特に卵はとりあえず食べないようにしましょう。

② ミネラル分が不足すると食物アレルギーになりやすいので、
魚介類や海草などの海の幸を中心にミネラル分を十分とること。

③ お母さんが食事のときには、時間をかけてよく噛んで食べると、
反射的に消化液がでてタンパク質が分解されるので食物アレルギーが起こりにくくなります。

 子供自身が食物アレルギーにならないためには、まず、消化管の発達してくる6か月くらいから離乳食をはじめましょう。私の経験では乳児の湿疹の9割は卵白が原因になっているので、卵は控えましょう。牛乳、小麦、大豆油など毎日食べやすいものは、アレルギーの原因になりやすいので、食べさせ始めるのを遅らすか、赤ちゃんが食べるときに症状がでないか注意してみていきましょう。卵や牛乳のような動物性蛋白は、食後1時間以内に、麦や豆などの穀類は半日から1日で症状が出ることが多いので、新しいものを試すときは、2~3日おきましょう。また、同じものを毎日食べているとアレルギーになりやすい(感作される)ので、色々な食物を交替で食べるようにしましょう。除去によって改善する場合も多いのですが、除去できないくらい多くのアレルゲンがある場合には、食物アレルギーの予防薬もあります。また、食物アレルギーは、1~2歳にかけてピークになり、腸管が発達するとともに食物に耐性ができて、自然に治り、たいていは食べられるようになります。ただし、ピーナッツは、乳児期に食べておいた方が耐性ができて、アレルギーになる子が少ないと言われています

 アレルギーの原因や重症度は、一人ひとり異なります。生活と共に悪化するので、保育者や家族の心理的な影響も大きいので、医師と家族が一つになって協力することが大切です。


授乳中の母親で乳児の食物アレルギーを予防するための注意事項

1.同じものを毎日続けてとらない。
→卵×、大豆油△、ミルク△、小麦△

お母さんが、ふつうに食事をとっていると、卵、牛乳、大豆、小麦など、毎日食べることになり、これらの食物の一部が母乳を通じて食物アレルギーの原因になりやすいのです。ただし、まったく食べないのもアレルギーの原因になることも指摘されています。

卵を原則、除去、つなぎ程度はよい。大豆は、大豆油を控えめ(揚げ物などをなるべく食べない)。牛乳や小麦(パンや麺類)を控える(たとえば週2~3回くらい)。米はアレルギーが起こりにくいので毎日可。毎日食べることと、一度に大量に食べることは控え、いろいろな食物を交代で回していきましょう。

症状が続くようであれば、卵以外の食物も厳しく制限することもあります。それまでは、食事の後に皮膚の症状が悪化しないか、注意しておきましょう。食事日誌をつけておくとよいでしょう。生後8か月くらいで、離乳食が進んだ時期に症状が強ければ、採血をしてアレルギーの原因を調べます。

2.ミネラル分が不足しやすい。
→海藻、魚介類など海のものを十分とる。

子供が生まれるということは、1人から2人になること。骨のカルシウム、赤血球の鉄、その他亜鉛など種々のミネラルが不足し、母乳の質をも低下させがちです。ミネラルが不足すると、食物アレルギーが起こりやすくなるといわれています。

健全な成長には、タンパク質(卵、牛乳も良質の蛋白)などの5大栄養素や食物線維、とくにビタミンやミネラルが必要です。近年、野菜のミネラルが一昔前と比べて少なくなっているとのこと。海藻、魚介類など海のものを十分とることが大切です。

3.お母さんは自分の食事をおろそかにしがち。
→十分時間をかけてよく噛んで食べること。

 お母さんは、赤ちゃんの世話に気を取られて、自分の食事を残りもので短時間にすませがちです。栄養のバランスのとれた食物を、食べる雰囲気の中で、よく噛んで食べると、唾液、胃液、腸液などが反射的に分泌され、食物中のタンパク質がアミノ酸に分解されます。そうすると、食物アレルギーが起こりにくくなります。(アレルギーはタンパク質によって起こるからです)